ブログ

月別アーカイブ: 2021年2月

青いバラ

20210216_133119.jpg 20210216_133110.jpg

こんばんは!
寒暖差が激しい日々が続いておりますが皆様お身体お変わりございませんか!?
気温や気圧の激しい変化は自律神経に与えるストレスも大きくなりやすく体調の変化に繋がりやすいので注意が必要です。
いつもより何となく身体が重いなぁ〜、昔怪我した場所が痛いなぁ…等は自律神経の働きが低下しているサインでもありますので、そんな症状がある方は早めの治療をオススメしております♫

さてさて話しは変わりまして、バレンタインに院長の奥様が整骨院に持ってきてくださったお花です!
ご覧の通り「青いバラ」です。
とても珍しい色のバラですね。

それもそのはず!
バラにはもともと「青」という色素が存在せず自然界で青色のバラは存在しないと言われていました。
その為青いバラは「不可能の象徴」と言われてきました!

それが日本で2002年にバイオテクノロジーの研究が進み、遺伝子組み換えの技術により青いバラが世界で初めて誕生しました。
不可能を可能とした事から青いバラの花言葉は「夢叶う」と言われるようなりました(^^)

新型コロナウィルスの影響により不安や混乱の日々が続いています(T_T)
忘れかけていた「夢」や「希望」という人が生きていく為に必要不可欠なモノをこのバラを見て久しぶりに強く感じました!

患者さん達の夢が叶う事が私達の夢でもあります☆
たくさんの人の夢を応援しお手伝いできる、そんな場所になれるようこれからもなぎつじ整骨院は進んで参りますので今後とも宜しくお願い致します!

森林浴!

201804260125_top_img_A.jpg 75aabf2af964533998f0f2d566cacbb2.jpg

皆さんこんばんは\(^o^)/
今週末は冷え込みがキツくなると聞いていましたが、今日は思ったより寒くなく天気も良かったので
南インターの近くにあるペットショップまで自転車でハッスルサイクリングしてきました!
片道10km程ですがしんど過ぎず楽過ぎずでとても良い運動になりました♫

さてさて今日は「森林浴」についてお話ししたいと思います!
森林浴とは森林内を歩行する事で心身の改善を図る自然療法、気候性地形療法で欧米では実際に医療現場で実用化されています。

森林浴の効果は、五感を通して得られる。木々の緑や花などの景色(視覚)、フィトンチッドと呼ばれる木々が発する香り(嗅覚)、鳥の鳴き声や小川のせせらぎ(聴覚)、自然との触れ合い(触覚)、山菜や果物(味覚)などによる刺激だ。加えて、静かな雰囲気や穏やかな気候、清浄な空気といったトータルな効果が、全身をリラックスさせのに効果があり
さらに森林浴にはがん細胞を攻撃してくれるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる効果もあるとされています☆

実際に森林浴後でNK細胞の数が増えたり、ストレスホルモンであるアドレナリンやノルアドレナリンの値が大きく下がったり等の効果が証明されています!

登山のような山道でなくても効果がある為体力に自信がない方にもオススメです。
ストレスの多い現代だからこそ自然を活かした生活を重視する事はとても大切だと思います!

それでは皆さん2月も一緒に頑張っていきましょう(*^^*)

カイロ

illust-46.png

皆様こんばんは!
全国各地の雪や気温の情報をみると今年は例年よりやや寒いようですね!
寒さや冷えが苦手な人も多いと思います。
私も大の苦手です。

そんな寒さ対策にカイロを貼っている方も多いのではないでしょうか?
今日さカイロのより良い使い方や注意点をお話ししたいと思います!

まずはカイロで温める「場所」です!
カイロで身体を温める際には効率よく温めるのに適した場所があります!
それはお腹(お臍の下辺り)、鼠径部(股関節の前面)です。
下腹部や鼠径部には腹大動脈や鼠径動脈といった太くと血流量の多い血管が存在します!
その場所を温めてあげると身体の血液が温められそれが全身に巡り体温が上がりやすいです↑

背中や腰等の背骨を温めると身体は暖かくなるのですが、背骨の中を通る中枢神経の温度も高くなり汗をかきやすくなります。
そうするとかえって身体が冷えやすくなり自律神経にもストレスがかかります(TдT)
カイロを貼るならお腹の下や貼らないタイプのカイロをズボンのポケットに入れるといいでしょう!

そして注意点としましては、「低温やけど」に気を付けましょう!
低温やけどとは45〜60℃の温度を長時間皮膚に当てる事で起こるやけどで45℃で約6時間、50〜60℃で2時間程で起こると言われています。
高温でのやけどと違い、低温やけどの場合は自覚症状が出にくくやけどによる組織の損傷も皮膚表面だけではなく深部の組織を損傷させる為重症度も高くなっています(TT)

カイロを使う場合は同じ箇所に長時間貼ったり、直接皮膚に触れるように貼ったり、カイロを貼った場所を圧迫しないように気を付けましょう

暖かい春を目指して寒さに負けぬようハッスルしていきましょう♫