ブログ

こどもの偏頭痛

Share on Facebook
LINEで送る

178_img_1.jpg

どうも皆様こんばんは!

今日は最近増加傾向にあると言われている「こどもの片頭痛」に関してお話しをさせて頂きます!

私はこの仕事を初めて10年以上になります。
これまでにたくさんの小学生や中学生のこどもさんを診てきました。
この仕事に就いた頃は小学生や中学生の患者さんは転んで打撲した、スポーツをしていて足首を捻った等が殆どを占めていましたが
近年こどもを持つお母さんから「最近頭が痛いと言う」「うちの子頭痛持ちなんです」
というお悩みよく耳にするようになりました( ≧Д≦)

調べてみますと、
埼玉の精神神経センターが2018年に調査を行っており、約6200人の小学4年生から中学3年生の学生のうち、小学生の約1割、中学生の2割に片頭痛が認められたというデータがあります。

そしてこどもの片頭痛には、
・大人と比べて、時々(月に数回程度)起こる
・痛みがないときはケロッとしている
・吐き気や嘔吐を伴う
・普段は元気だが急に頭痛を訴えて動くのを嫌がる
・生あくびをするようになる
等の特徴もあると報告されています。

昨今のこどもさんはパソコン、スマホ、タブレットの普及や生活習慣の変化等から姿勢が悪くなり
身体や背骨の歪み、脳へのストレスが大きくなり自律神経の働きが悪くなっている事が多いとのデータもあります。

頭痛は自律神経の働きが悪くなっているサインのひとつとも言われていて
自律神経の異常は即ち人間の生命維持活動に大きな障害を与えるとも言われています(*﹏*;)

自律神経の働きが低下している状態が長く続けば将来身体に大きな問題が起こるリスクが高くなります(ᗒᗩᗕ)
その危険が現代のこどもさん達に及んでいるのではないかと我々も危惧しております。

長時間のパソコンやスマホ
寝る前のスマホ
そして悪い姿勢!

日常生活ではこれらの点に気を付けた生活習慣を心掛けて下さい。

こどもさんが健康に過ごせる社会になれるようこれからも私達は尽力していきます!
こどもさんの事で何かお悩みの事などございましたらお気軽にご相談下さい(≧▽≦)